輝整骨院かがやき鍼灸院

ブログ

小山市の鍼灸院による美白について

 

今週もあおやま鍼灸整骨院グループが健康情報をお伝えします

本日は美白について

健康的に見えるのは、太陽の光を浴びて焼けた小麦色の肌です。男性などでも、焼けた肌の人が強く、たくましく見える場合があります。

ガングロという言葉が流行したり、日焼けサロンや海に行って焼く人がいたりした時代もありました。日光を浴びると骨が強くなるなどの風潮もあって流行した時代もありましたが、医学の進歩とともに見解が変わってきました。長期的に、集中的に日光を浴びると、紫外線の影響で体にあまり良くないということがわかってきました。

そういったこともあり、今では白い肌が美を象徴するものに変化し、女性たちを筆頭に美白方法についての需要も増えてきました。

美白とは肌を白くすることだけでなく、清潔感や透明感、きれいな肌に導く方法ともいえます。美白のお手入れが行き届いたきれいな肌は、年齢を若々しく見せてくれます。
美白を目指す方法を考えた時、外から化粧水などのケアをしていれば問題無いと思う人が多いでしょう。ですが、必ずしもそうではありません。
きれいな肌づくりの方法は、食事と睡眠と、そしてスキンケアです。この3つのどれが欠けても美白に近づくことが出来ません。

食事をしないと人は生きていけません。その食事を日頃から気をつけていれば、健康になるだけでなく、美白も同時に行うことが出来ます。良質なタンパク質は、肌を美しく保つ方法として大変重要です。
タンパク質をただ取ればいいわけでもありません。食事はバランスが何より大切です。ビタミンやミネラルも同時に補いましょう。

紫外線を浴びると日焼けをしてしまうと言うのが美白には天敵となり、つまりはこの日焼け対策をしっかりとすると言う事で日焼け止めのクリームを使用すると言う事が必須方法となる訳です。ものの3分も紫外線を浴びていると肌は黒くなり始めると言われますが、これは大袈裟な事ではなく、実際には紫外線を浴びただけで、ほんの5秒後には肌には変化が起こり始めていると言われています。
そういう意味でも、個人差もありますがわずかに1分でも肌が黒くなり始めると言う人もいるくらいです。紫外線は人のDNAを傷つけるために、その損傷を防ぐためにもメラノサイトと言う細胞が黒いメラニンを肌の表面に放出するために日焼けが発生すると言われています。
ですからこのメラノサイトが動かないようにするために美白には紫外線対策は欠かせない方法となる訳です。

外にいる時だけ紫外線対策と言う事で、室内にいれば透明感のある美白美人で言われると思われがちですが、日中の室内の明るさを考えるだけでも光の反射加減によっては紫外線は何処からでも入り込んでくると言う事を考える必要があります。
つまりは窓からでも紫外線は室内に入り込んで美白の天敵と成り得ます。その対策、方法としては窓にも工夫を凝らすと言う事が寛容となります。そしてその方法と言うのがUVフィルムを張ると言う事です。
紫外線は窓から光が入り込み、カーペットなりフロアなりに反射して美白の肌に到達すると言う訳です。ですから部屋の中にいたのに肌の調子が悪いと言う感触があるのはそのためで、日中に明るい部屋ならとくに、美白を追求するのであれば透明色の薄いUVフィルムを窓ガラスに張ると言う方法が美白対策となります。yjimage-4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

輝整骨院かがやき鍼灸院の電話番号

小山店: 0285-38-6506

思川店: 0285-32-6750

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る