輝整骨院かがやき鍼灸院

ブログ

小山市 ケガ治療

ブログ担当、青山です。

本日は外傷治療についてお伝えします!

・挫傷・肉離れ・打撲でお悩みの方へ

一般的な、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲などの外傷は、テーピング固定や包帯固定のみで、様子を見ることが多く、完治までの日数がかかります。捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合、強い力で筋肉や靭帯が引き伸ばされた事によって、炎症が起き、強い痛みを発します。捻挫・挫傷・肉離れ・打撲を放っておくと、怪我をした周辺関節の動きが悪くなり、固くなってきます。そのため、軽い怪我と思って放っておくとその後の動きが悪くなったり癖づいたりしてしまいます。 そのため、早い段階で適切な施術を受けることが重要です。怪我をした周辺関節の動きが悪くなり、固くなってきます。そのため、軽い怪我と思って放っておくとその後の動きが悪くなったり癖づいたりしてしまいます。そのため、早い段階で適切な施術を受けることが重要です。

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術は?

頭の痛み当院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術は、急性期は固定やテーピング・アイシング等を用いますが、状態をより良くしていくために、「筋肉の調整」と、即効性のある「鍼灸治療」を施すことによって、回復期間を短期間にすることが可能です。
捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合、怪我をした患部を守ろうと周りの筋肉や靭帯のバランスが崩れている状態であることがほとんどです。そのため、怪我の患部だけではなく、周辺の筋肉や関節を調整し、より改善が早く、後遺症が残らない状態を作っていくことが大切です。当院では、適切な検査をした上で、骨格と筋肉を調整していきます。そうすることによって、怪我をしている箇所の自然回復力が高まり、より治りやすく後遺症が残らない状態になっていきます。
怪我の周辺部分の関節や筋肉についても適切な処置をすることで、回復後の動きや、スポーツのパフォーマンス等が落ちない施術を心がけています。

「捻挫・挫傷・肉離れ・打撲を早期回復させたい」「捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の後に後遺症を残したくない」という方にお勧めの施術です。

交通事故後の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合の対処方法

交通事故で腕や足などの怪我で多いのが、捻挫・挫傷・肉離れ・打撲です。
これらの怪我は、レントゲンでは異常なしと言われます。しかし、レントゲンで異常がない場合でも、筋肉組織や筋繊維が傷ついているケースがほとんどです。

捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の場合は、初期の痛みが軽い場合でも早期に適切な処置を行うことが重要です。当院の捻挫・挫傷・肉離れ・打撲の施術 は、怪我とリハビリのための専門的な施術方法となります。(自賠責保険適用の場合は、自己負担0円でこれらの専門施術を受けることが可能です)

施術内容としては、怪我とリハビリに特化した施術内容となります。
交通事故後の怪我の場合も、早期回復を目指すだけではなく、後遺症を残さず日常生活に戻れることを目的とした施術を行っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

輝整骨院かがやき鍼灸院の電話番号

小山店: 0285-38-6506

思川店: 0285-32-6750

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る