輝整骨院かがやき鍼灸院

ブログ

小山市 治療院 シンスプリント

ブログ担当、青山です。

  • シンスプリントの治療についてお伝えします!!

下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

  • スネの内側が痛い
  • ふくらはぎが痛い
  • 走ったり、ジャンプすると痛い
  • ズーンと鈍い響くような痛みがある
  • 骨がきしむような感じがする

シンスプリントとは?

シンスプリント(Shin splints=脛骨過労性骨膜炎)は ふくらはぎの下方1/3に痛みが発生することを特徴とします。痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まります。ある一点に集中する痛み(この場合は疲労骨折の可能性も)とは違い、 筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。
この障害はランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。硬い地面の上を繰り返しランニングする、足部を背屈させる(つま先を上げる)筋肉を過剰に使いすぎる、などが原因となります。

シンスプリントとは?

シンスプリントになりやすい状況

  • 悪いランニングフォーム
  • 足に合わない、クッション性のないシューズ
  • コンクリートでの走り込みやトレーニング
  • 筋肉の酷使
  • 筋力不足、柔軟性不足
  • 扁平足、回内足

シンスプリントの痛みの原因

人間の足は「骨の組み合わせ」と「それを補強する筋肉」で上からのし掛かる体重に耐えています。 通常は筋肉と骨の組み合わせが共同して上からの力に耐えていますが、何らかの理由でどちらかが役目を果たせなくなると、 もう一方がそれを補わなければならなくなります。足部には土踏まずと呼ばれるものがあり、 これが機能すれば衝撃を吸収してくれますが、 この土踏まずが潰れてしまうと衝撃吸収がしっかりとできなくなり、 さらに骨の配列が崩れ、足底から関節、下腿部の骨や筋肉に大きな負担がかかります。
このような状態が長時間続くと仕事量の増えた筋肉や骨は徐々に異常を訴え始めます。異常の訴えは「痛み」としてスネの内側などに現れます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

施術の動画

輝整骨院かがやき鍼灸院の電話番号

小山店: 0285-38-6506

思川店: 0285-32-6750

ブログ

エキテンランキング第一位

フェイスブック

ページ上部へ戻る