小山店:平日9:00~19:30 土曜9:00~17:00受付 日曜定休日
思川店:平日9:30~19:30 土曜9:00~17:00受付 日曜定休日

小山店・思川店

これからの夏を涼しく過ごす方法!

21.07.15
Pocket

だんだんと熱くなってきましたね! いつもご覧いただきありがとうございます!輝整骨院思川店です!
今日はこれからの暑さを涼しく過ごすための簡単な方法をいくつか教えますので実践してみてください!

方法①お部屋に涼しくなるアイテムをプラス!
夏場に手軽に涼しくなる方法1つ目は、お部屋が涼しくなる爽やかアイテムをプラスすることです。なかでも青やグレーなどの寒色系カラーや、ガラスやレースなど透明度の高い素材がおすすめです。

手始めにまず、カーテンやソファカバーを夏使用にチェンジしたり、ラグマットをパイル・メッシュ素材の通気性の良いものに変更しましょう。観葉植物やガラス製のフラワーベース、風鈴など、ワンアイテム取り入れるだけで簡単に涼しくなる方法です。

方法②日差しをしっかり遮断しよう
夏場に手軽に涼しくなる方法2つ目は、暑い日差しをしっかり遮断することです。基本的に窓は、風や光を取り込むために必要なものですが、夏場の強い光と熱は「暑さのもと」なので、しっかりと遮断しておきましょう。

遮光力が高いカーテンや昔ながらのすだれはもちろん、窓用のフィルムやシェードも手軽に取り付けられるので重宝します。

特に1人暮らしの場合、外出中のお部屋は窓から入る日差しの影響で蒸し風呂状態に。常温で置いている食べ物も傷みやすくなりますし、遮光・遮熱対策はしっかりしておきたいです。

方法③クーラーをもっと効果的に
夏場に手軽に涼しくなる方法3つ目は、クーラーを効率よく使用することです。クーラーは汚れが溜まっていると、本来の力を発揮できないので、フィルターはこまめに掃除しましょう。

また暑い夏場は、クーラーの設定温度を低くしてしまいがち。吹き出し口に保冷剤を置いておけば、通常よりも冷たい空気を放出できます。ほかにも室外機の周りに物を置かないようにも注意。熱効率が悪くなる可能性があるため、植木鉢や洗濯物などで遮らないように気を付けましょう。

方法④夏野菜で体温を下げよう
夏場に手軽に涼しくなる方法4つ目は、夏野菜で体温を下げることです。夏は体がほてりやすくダラダラしてしまいがち。夏野菜に多く含まれる、水分・カリウムの利尿作用に注目しましょう。特にナス・スイカ・キュウリは、カリウムを多く含むため、おしっこと一緒に体の熱も排出してくれます。

また汗をかくことも効果的。唐辛子などの辛い食べ物による発汗で皮膚温度も下げられます。実は夏野菜と辛い物の組み合わせは、美味しさだけでなく暑さ対策にも一役買っています。クーラー以外の方法で夏バテを防ぎたい人におすすめです。

方法⑤涼しい素材の服と寝具を試して
夏場に手軽に涼しくなる方法5つ目は、涼しい素材の服と寝具を取り入れることです。夏はたくさん汗をかきます。肌ざわりの良い服・風通しの良い服装で汗を蒸発させやすくしましょう。

おすすめの素材はリネン・コットン・レーヨン。特にふわっとしたワンピースやビッグシャツ、ワイドパンツは風通しが良いので最適です。寝るときの寝具には、清涼感が得られるクールタイプのものが人気を集めています。寝苦しいときは、保冷剤や冷えピタで涼しくするのもOK。

方法⑥扇風機やサーキュレーターを置く
夏場に手軽に涼しくなる方法6つ目は、扇風機やサーキュレーターを置くことです。1台クーラーがあれば、お部屋の温度や湿度調整はバッチリ!と思いがちですが、扇風機やサーキュレーターがあるとより涼しく過ごせます。

部屋の窓を少し開けて設置すると、外からの風を効果的に循環させられ、涼しい空気を取り込めます。

クーラーと併用する場合は対角線上に配置し、吹き出し口に向けて風を送りましょう。そもそもエアコンの冷風は低い位置に停滞しがち。扇風機やサーキュレーターでお部屋全体に冷風を行き渡らせましょう。

方法⑦ミントの香りでお部屋を涼やかに
夏場に手軽に涼しくなる方法7つ目は、夏らしい爽やかな香りで涼しくなる方法です。化粧品会社の実験では「ペパーミントは体感温度を4℃下げる」という結果が発表されるなど、ペパーミントは涼しくなる香りとして認知されています。

ほかにもレモン・ユーカリ・ティーツリーといった爽やか系の香りのアロマもおすすめ。リボンに1滴垂らして扇風機に結び付けたり、エアコン掃除に取り入れたり、ルームスプレーとして使ったりもできるので、好みの香りで夏場の暑さを乗り切りましょう。

方法⑧ぬるめのシャワーを浴びよう
夏場に手軽に涼しくなる方法8つ目は、汗をかいたらぬるめのシャワーを浴びることです。暑くて肌が火照っているとき、汗をたくさん書いてるときは、ぬるめのシャワーを浴びましょう。

おすすめの温度は35度~37度くらい。冷たすぎると汗・汚れ落ちがいまいちな上、体温が下がりすぎて、バスルームから出たときにかえって熱く感じてしまいます。クール系のボディソープを使用したり、シャワー後のクールローションもおすすめです。

どうですか?熱中症に気を付けて夏を楽しく過ごしてくださいね!

関連記事

問い合わせ
栃木県小山市輝整骨院かがやき鍼灸院に問い合わせ 栃木県小山市輝整骨院かがやき鍼灸院に問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせはもちろん無料です。
栃木県小山市以外の方もお気軽にお問合せください。
つらい思いを抱えずに、お気軽にご相談ください。